セラミック治療センター

0120320920
▼ MENU ▼
当院のジルコニアについて
当院がセラミック治療で使用するジルコニアついて
ご案内いたします

ジルコニアについて

ジルコニアってなに?

歯科医療業界でも広がりつつある「ジルコニア」。具体的にどのような素材なのか?特性は?どのような治療に使用するの?など疑問にお答えいたします。

ジルコニアとは?

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名で、強く、軽く、美しく、そして体に優しい陶器に似た素材です。
現在、歯科治療材料として金属素材が使われるケースが多かったのですが近年、金属アレルギーなどの心配がないセラミック素材による歯科治療が注目されています。歯科用セラミック材料に求められる要素は強度があり、美しく、安心できる素材であることです。
ジルコニアは審美性・耐久性に非常に優れており、人体へのなじみも高いことから金属材料に取って代わる素材として注目されている歯科材料なのです。
今、このジルコニアの登場により歯科治療が大きく変わろうとしています。
それは金属を一切使わない夢の治療。

日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして薬事法の認可を受け使われはじめました。世界中ですでに年間500万本以上の補綴物に使用され、その安全性、信頼性、実績はあなたに安心と自然な美しい笑顔を与えてくれるでしょう。

ジルコニアの優れた特性

ジルコニアでの治療は金属を一切使わないメタルフリーの治療をご希望の方、審美性の高い治療をご希望の方、丈夫で長持ちする変色や変質がない素材での治療をご希望の方に最適です。

強くて丈夫な素材なので、しっかり物が噛める
金属では出せない、透明感ある自然な歯を作れます
金属の1/3の軽さ、着けた時の歯にかかる負担も軽減されます
身体への親和性(馴染み)が高く、人体に優しい歯科材料です
金属を使わないので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心
耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高い材料です

ジルコニアが選ばれる理由

フルジルコニアクラウン(被せ物)症例

銀歯など金属の歯を白いクラウン(被せ物)、インレー(詰め物)に変えると口元のコンプレックスは一気に解消され、「口腔内に金属が…」という違和感も軽減されるでしょう。
しかし、一般的に銀歯を白くする歯科治療(セラミック治療といいます)のほとんどは自費なので費用は高くなります。
ご予算的な事もあり、価格の安い治療(セラミックとプラスチックを混ぜたもの)で歯科治療を行う方もいらっしゃいますが、強度が低く色の劣化が起こるというデメリットがあります。

フルジルコニアインレー(詰め物)症例

ジルコニアなら、上記の治療と比べ汚れが付きにくく虫歯治療や歯周病予防にも効果を発揮します。
さらにジルコニアの高い強度のおかげで健康な歯を削る量が少なくて済み、スペースの小さい箇所にも適用できます。

ジルコニアは高額ではありますが数種類あるセラミック治療の中で、最高品質の治療方法となります。

クラウン(被せ物)素材比較表

ジルコニア素材を使用したクラウン(被せ物)の素材には種類があり、大きく分けて「ハイブリット」「オールセラミック」「フルジルコニア」「ジルコニアボンド」があります。ここでは、それぞれの特徴について簡単にご紹介いたします。

素材名 硬さ 曲げ強度 色調 変色 価格
ハイブリッド × 安め
オールセラミック 高め
フルジルコニア 高め
ジルコニアボンド 高額
ハイブリット

セラミック(陶器)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた素材です。「ハイブリッドセラミッククラウン」とも呼ばれています。

▼メリット

・硬すぎないので、かみ合う歯を傷めにくい
・金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がない
・比較的安価で製作できる

▼デメリット

・色調が他のジルコニア素材に比べ劣る
・長期間の使用で徐々に変色・劣化する可能性がある
・術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
・ある程度の強度はあるが、かみ合わせによっては使えない個所もある
オールセラミック

オールセラミックはすべてセラミック(陶器)からなります。補綴物のなかに金属が一切使われておらず、光を透過して自分の歯のような透明感があります。見た目が重要視される前歯の治療に適しています。

▼メリット

・透明感があり、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付きにくい
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色が起こらない

▼デメリット

・割れやすい
・歯を削る量が比較的多い
・基本的に仮止めで様子を見ることができない
フルジルコニア

すべてコンピュターCAD/CAMで削り出すため、精度が安定しています。
強くて丈夫な素材なので、奥歯の治療に適していますが、前歯1本のみフルジルコニアを使用した際には、若干ご自身の歯との色味と透明感が異なるため、審美性に欠ける場合がございます。
※ホワイトニングなどでご自身の歯を白くして色味を合わせる方法もあります

▼メリット

・美しい白色で、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付きにくい
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色が起こらない
・仮止めで様子を見ることができる
・ある程度かみ合わせの強い部位にも使用できる

▼デメリット

・美しい白色だが透明感が弱く、審美性に欠ける場合がある
ジルコニアボンド

ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたもので、ジルコニアセラミックとも言われます。
ジルコニアボンドは焼き付けるセラミックで色を自由に調整できます。
また、焼き付けを行うセラミックには透明感があり自然な仕上がりになります。
女性の前歯等、審美性を重視する方にお勧めです。

▼メリット

・透明感があり、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付きにくい
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色が起こらない
・天然の歯とほとんど見分けが付かない被せ物を作成する事ができる
・かみ合わせの強い部位にも使用できる
・どこの歯にも対応できる

▼デメリット

・費用が高い

当院のジルコニアを用いた歯科治療

当院ではジルコニアを用いて、審美性・耐久性に優れた治療をご提供します。

では、実際にどのような治療にジルコニアは用いられているのでしょうか?
当院でジルコニアを使用する治療には代表的なもので下記のような治療法がございます。

歯科治療で、歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「被せ物」といった呼ばれ方をしています。保険診療から審美歯科まで幅広い口腔内の治療に使われます。
虫歯や歯周病などで、歯の一部を削った場合、その欠けた部分に詰め物をする治療です。
削った部分の大きさや、噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、被せ物(クラウン)で治療することもあります。
両脇の歯を土台にして、人工の歯を橋のように架ける方法です。
歯が1~2本なくなっても、その両脇の歯がしっかりしているときに行います。
歯が根っこからなくなってしまった箇所に、主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。人工歯根とも呼ばれます。

当院がジルコニアを低価格でご提供できる理由

クリア歯科グループでは、東京・神戸の院内技工所にジルコニアの技工設備CAD/CAMを導入した事で、ジルコニアを低価格でご提供できるようになりました。
CAD/CAMは技工所が併設された歯科医院を除くと、通常の歯科医院での導入は稀です。特に2台も導入しているのは当院が日本で唯一かも知れないと思われます。設備導入によりジルコニアの技工料が大幅にコストダウン出来た事で、通常相場よりもお安くご提供出来るようになりました。

有心会 技工所ホームページはこちら

当院で使用するジルコニア素材について

当院ではジルコニアに使用するディスク陶材(原板となる陶材料)の成分パウダーには日本製のものを使用しています。

単にジルコニアの安さだけが売りのクリニックでは、中国製パウダーのディスクを使用する事が多いようです。日本製のパウダーを使ったディスクは原価が1枚45,000円程なのに対し、中国製は原価が1枚7,000円程と、非常にコストが安く済みます。しかし放射能汚染が心配されており、安全性に欠けます。

クリア歯科のジルコニアに使用しているパウダーは、日本で90%のシェアを持つ「YAMAKIN」製のものです。当院のジルコニアは安さは当然ながら、安全と品質を売りにしておりますので、材料に関してもご安心ください。

当院のジルコニア治療料金(1本)

フルジルコニアクラウン ¥54,000
ジルコニアボンドクラウン ¥80,000
フルジルコニアインレー ¥40,000
【注意事項】
・すべて税別価格です
・保証は3年となります。1年未満は無償、1年~3年の間は半額負担、さらに保証には適用条件があります
・後から色の変更はできません
・自費診療(保険適応外)です。保険診療等が必要になった場合は別途保険費用が発生します

セラミック治療に関する無料カウンセリングを行っています。
ご予約は下記フリーダイヤルまでお気軽にどうぞ。

0120320920